人工関節は怖くない

誰にでも色んな悩みがります。でも自分は自分。どんなことがあっても自分好き。好きでいたい。。

★自分を好きになるための元気を注入★

股関節について

f:id:imanaraimakara:20180910105916j:plain

----------------------------------------------------------------------
【それでも”自分が好き”】<imanara-imakara>
----------------------------------------------------------------------
あなたが置かれているいま!
色々なストレスを受けながら過ごしている日々
少しでも解消できるお手伝いをさせてください^^
----------------------------------------------------------------------
■股関節について
----------------------------------------------------------------------

前書き
私自身は医療関係者ではございません。
その為関節情報については、たくさんのネット情報を元にお伝えしております。
ご参考までに。


★股関節について
股関節(こかんせつ)は、
人間が立ったり・しゃがんだり・座ったり・歩いたり・走ったりという
日常の基本動作の根本を司っている重要な関節です。

 

股関節は下肢と骨盤のかなめにあり、
しかも自由度の大きい(あらゆる方向に動く)関節なのです。

 

自由度が大きいということは、
そこが一度壊れると当然不都合が大きいということを意味します。

 

さらに普段やじろべえの原理で体重を支え、
しかも大腿骨が股関節の直下で曲がっているということは、
骨が弱くなるとそこが弱点になるということです。

 


▼原因となる病気
変形性股関節症
変形性股関節症は、最も典型的な股関節の病気です。

 

変形性股関節症(股関節症)は股関節にかかる
ストレスによってクッションである関節軟骨が傷んでまう病気です。

 

関節軟骨は水分を保持できなくなって、弾力性がなくなり、表面はささくれて、
スムーズな運動が行えなくなります。

 

日本人は世界の先進国のなかでも先天性股関節脱臼の多い民族であると言われています。

 

かつては100人に2~3人の発生がありましたが、生活環境の向上と検診、早期治療の普及によって減少し、現在では1~2人/1000人になっています。

 

近年は乳幼児期に先天性股関節脱臼の治療歴がなく、寛骨臼が浅い臼蓋形成不全による股関節症が増加しています。

 

わが国では先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全に原因がある股関節症が、約80%を占めます。

 

先天性股関節脱臼の既往があった患者は平均20~30歳で、臼蓋形成不全では、平均40~50歳で発症することが多くなっています。

 

■大腿骨頸部骨折
高齢者の転倒で、多い骨折で寝たきりの原因の一つです。

 

大腿骨の根本に近い部分の約90%が高齢者に発症します。


その原因は、骨粗鬆症と高齢者に転倒が多いことが挙げられます。

 

高齢者の場合、寝たきりになり生命予後に影響を与えるため早期診断・治療が重要となります。

 

高齢者が室内で転倒して発生することが多く、骨折後は立つことができなくなり、脚を動かすと激しい痛みを伴います。


骨折のため折れた方の脚の長さが短くなり脚が外向きなっているのが特徴です。

 

■発育性股関節脱臼(先天性股関節脱臼)
乳幼児に多い股関節の病気です。

 

生後間もない乳児の股関節が外傷等の既往もないのに脱臼していることがあります。

 

古くは独歩後に跛行で発見されたのですが、乳児健診等のチェックが盛んになってからは生後3ヶ月を中心に診断されるようになりました。

 

かつては出生率の2%前後の発生率があり、近年は約0.2%に減少していますが、
成人の2次性変形性股関節を含めると現在でも代表的な股関節疾患といえます。

 

病態としては、周産期に不安定になった股関節が間違った育児習慣や、遺伝的な原因によって外れていくことが多いと言われています。


そのような意味合いから、最近は先天性股関節脱臼と呼ばれるようになりました。

 

■特発性大腿骨頭壊死
特発性大腿骨頭壊死症は、厚生労働省特定疾患に指定されている難病です。

 

生きている骨には、他の身体の組織と同じように血行(血の流れ)が必要です。

 

大腿骨頭は骨の中でも、特に血行が少ない部分です。


大腿骨頭への血行が障害されると、骨が死んでしまいます。


これを骨壊死といいます。

 

壊死した骨の部分が大きいと、体重をささえきれなくなり、大腿骨頭がつぶれてしまいます。

 

血行が障害されるしくみがはっきりしない場合、特発性大腿骨頭壊死症と呼びます。

 

わが国で新しく特発性大腿骨頭壊死症になる患者さんは、年間約2,200人で、男性はアルコール多飲、女性はステロイドという薬の投与に関連して生じることが多いことがわかっています。

 


▼治療法
変形性股関節症の治療法
保存的治療
股関節への負担を減らす体重コントロールと、股関節を支える力を強化するために中殿筋のトレーニングを行います。

 

手術的治療
骨を切って、病気によって変形して合わなくなった股関節の適合性を改善させる「骨切術」と、人工の関節に置き換える「人工股関節全置換術」という手術方法があります。

 

「骨切術」は病気が進行していない時期に行われます。


「人工股関節全置換術」では関節の動きが改善され、痛みも緩和されます。

 

近年、人工股関節全置換術を受けた80%以上の人が、手術後20年間問題なく生活しておられます。

 

■大腿骨頸部骨折の治療法
保存療法では骨折部の安静を保って疼痛の軽減と骨癒合(骨がつくこと)を期待することになります。

 

が、大腿骨頚部・転子部骨折はご高齢の方が受傷することが多く、動けない状態が長いほど筋力は低下し、褥瘡(床ずれ)、肺炎、深部静脈血栓症肺塞栓症エコノミークラス症候群)などの合併症を起こしやすくなるため、

 

全身状態が許すならできる限り早期に手術を行い(手術で骨折部を固定することで痛みの軽減が期待されます)、離床、リハビリテーションを始めるべきと考えられます。

 

大腿骨頚部骨折は関節内の骨折で、ずれやすく骨癒合しにくいため、
転位(骨折部のずれ)が小さい場合でも骨折部を固定する骨接合術が考慮されます。

ご高齢の方で転位(骨折のずれ)が大きい場合には大腿骨頭に血液を供給する血管が損傷され、将来的に大腿骨頭が壊死を起こす可能性が高いことを考慮して

 

人工物置換術(活動性の高い方には人工股関節置換術、全身状態が悪いまたはご高齢で活動性が低い方には人工骨頭挿入術)が推奨されています。

 

■発育性股関節脱臼(先天性股関節脱臼)の治療法
先天性股関節脱臼に対する治療方針は、診断した月齢などによって異なりますが、
一番多い生後3ヶ月から6ヶ月頃に診断され場合を例に説明します。

 

リーメンビューゲルという装具による治療をまず行います。


この装具を用いると下肢の動きをある程度許容しながら股関節が自然に整復されるため、股関節の変形を残すことが少ない優れた治療法です。

 

生後6ヶ月までに治療を開始した股関節脱臼の80~85%はリーメンビューゲルで治すことができています。

 

リーメンビューゲルで治すことができなかった場合には、全身麻酔をかけて脱臼した股関節を手で戻すか、整復のじゃまになる組織が股関節内にある場合には手術をして整復します。

 

■特発性大腿骨頭壊死症の治療法
・人工関節置換術(人工股関節全置換術・人口骨頭置換術)金属(チタン合金、コバルトクローム合金等)、セラミック、高分子ポリエチレン等でてきている人工関節で、
大腿骨頭を人工骨頭に、または、股関節全体を人工股関節に置換する手術です。

 

■大腿骨頭回転骨切り術
九州大学の故杉岡名誉教授によって考案された手術法になります。

 

大腿骨を回転させることによって荷重面にあった壊死部を非荷重面に移動させ荷重部に健常な軟骨面もってくる手術法です。

 

また、同様な理由で大腿骨内反骨切り術等の骨切り術を行う場合もあります。

 

■血管柄付き骨移植術
現在はあまり行われていませんが、マイクロサージャリー技術を用いて、
動静脈血管をつけた骨を、大腿骨頭の壊死部分に移植する手術です。

 


「縛りはゆるく」・・・「期間は長く」ですね

 


----------------------------------------------------------------------
      【KaKaのプロフィー】
----------------------------------------------------------------------
誰にでも色んな悩みがあります。
自分が嫌になることも
周りには理解してもらえないことも
自信を持てるものは何もなかった。

でも自分は自分。
どんなことがあっても自分が好き。
好きでいたい。
好きでい続けたい。

少しでも同じような悩みを持っている人の助けをできればと
私の経験と現在進行形の情報を公開。

諦めたら終わり。
止まったら終わり。
ゆっくりでもいい、前に進み続けることの大切さをお伝えいたします。

あきらめてはダメ!!
今なら(imanara)できる
今から(imakara)できる
----------------------------------------------------------------------
■股関節について
----------------------------------------------------------------------
【それでも”自分が好き”】<LIFETIME PARTNERS>
----------------------------------------------------------------------